勝浦果樹園日記

北海道は仁木町のさくらんぼ農家生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年

東日本大震災から一年たった、ちょうどその日はりんごの剪定をしていた。razikoでTBSのキラキラを聴いていた。
金曜日で水道橋博士が出演していた。もうすぐ3時、アメリカの町山智浩が電話出演する日であった。
突然スタジオが揺れて大混乱、すぐ津波警報のアナウンスを流した小島慶子、つとめて冷静で立派であった。
すぐに東京の娘のことか浮かんだが幸いベトナムに旅行中。
ラジオで聞く状況では大変なことになっている、剪定をしていても集中できず、家に帰ってテレビをつけたら、、
SFXでしか見たことのなかった津波の映像、ミニカーのように流される車、すこまれるように何時間も見た
さらに、夕方になってからわかった福島第一原発の危機的状況。もう日本はだめになると思った。

一年経って、復興は進んだのか、原発は収束には程遠い、これを機に日本はいい意味で変わるのかと思ったがそうでもない。絆という言葉がもてはやされたが、福島では東電から保障をもらった人もらえなかった人の間で確執が起こっているという話も聞く。ちゃんと募金は使われたのか?ドラえもん募金はなぜ震災目的の募金なのに世界食料機関に送金しているのか。すべてを検証して欲しい。

昨日はめちゃイケでウルウル来ちゃいました。バライティーのフジらしい、そして岡村らしいやり方
放送では批判もあったと言っていたけど、いいんじゃないかなと思った

ああ、まとまらないのでこのへんで、140字に収まる気持ちはツイッターで吐き出すことに

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katuurakajuen.blog97.fc2.com/tb.php/217-8db8989a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。